読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

myLife.ca *英語が話せないアラサー主婦の日常

英語話せない&家事ビギナーなアラサーがカナダに引っ越したら…カナダライフ、ライティングの仕事などなど。

初帰国

帰国

昨日無事カナダに帰ってきました。

 

昨日の6時過ぎに家に着いてからは、荷物はそのままに道中で買ったA&Wのハンバーガーを食べ、2人とも速攻で爆睡してしまいました。

 

私は今のところ幸いにも時差ボケがないのですが、旦那さんはトロントからの運転や通訳を頑張ってくれたので、疲れと時差ボケでいま隣ですやすや寝ています。

 

 

せっかくの帰国なので、写真をたくさん撮ってきました。

自分の忘備録として、その中でお気に入り写真をばばーっと載せていきます。

 

 

 

まずは出国の日。

前日にトロント入りしましたが、朝4時半に起きてお風呂に入ったり荷物をまた少し整理したりして朝トロントピアソン国際空港へレッツゴー!

出国手続きをした後。ティムホートンでたくさんの人がご飯を食べていました。

写真だと見えないですが、ここは朝焼けに照らされた飛行機がとてもきれいに見えました✨

 

この日の朝はドーナッツ気分ではなかったので、ティムではなく別のお店へ。

たしかfreshiiiというお店で、いろんなwrapsのメニューがありました。

果敢にもステーキと卵、野菜を使ったヘビーなものを選びましたが、案の定半分も食べれずえーん残りは飛行機の中でゆっくり食べましたが、とても美味しかった!

 

 

飛行機の座席について、網の中にあるマガジンに目をやると「Steal Me!」の文字。

おそらく日本語で「ご自由にお取りください」の意味だと思うのですが、この表現可愛いなと思いましたラブラブラブ

 

 

 

 

離陸後の風景。

 

 

美しいながめです。窓側席でよかった♬

本当は地平線がとても綺麗だったのですが、写真ではぼやけてしまいましたガーン

 

 

 

バンクーバー上陸直前に発見した、海の上に伸びる謎の道。

道は海の途中で切れていますし、船の係留所などでもなさそうだったので、何の道なのか不明ですグラサン

 

 

 

 

そんなこんなで無事バンクーバー空港に到着!!

 

乗り換え時間がそれほど余裕がなかったので、急いで移動。

JALのマークを見つけて、日本人がたくさんいたのがうれしかったです音譜

 

 

 

搭乗手続きをしてくれた日本人スタッフさんが、日本語で対応してくれている最中に紙を落としてして突然「Oops!」と言ったのが面白かったですグラサンそこは英語なのね(笑)

 

 

 

 

そして東京に向かう便に乗り換え✈

 

この便では、なんと人生初ビジネスクラスに乗りましたびっくり

旦那さんがこれまでのたくさんいった出張で、頑張ってマイルをためてくれたおかげです・・・

おそらく今後乗ることはもうないでしょう(笑)

 

写真はビジネスクラスで食べたご飯ですお弁当

分割したので見にくいですが、私は下二つの和食と、着陸前に右上のカレーを食べました。

旦那さんは左上の横倒しになっている洋食。どれもおいしかった~☆

 

 

 

箸置きの鶴持って帰りたかったなー

 

 

 

 

機内では、最近読みたかったキングダムを3巻まで読み、「君の名は」「PETS」「ファインディングドリー」などを観ましたチュー欲張りすぎて寝れず(笑)

特に「君の名は」は本当に面白かった!!!あれほど騒がれている理由が分かった一作です!ちなみに帰りの飛行機の中でも2回観ました(笑)

そんなこんなで、そろそろ着陸態勢に入ると思われる頃の外の風景。わくわくが止まりません。

今回はこんな経路で帰ってきました。映画と漫画に熱中していて、アラスカ付近でオーロラ探すの忘れていました…

 

 

 

 

 

成田到着直前の景色。帰ってきたぞとそわそわが止まらずお願い

 

 

 

そしてバンクーバーから13時間の長旅を経て、ようやく成田空港に到着!!!

着いただけでとてもうれしかったのですが、到着して一番テンションが上がったのは国際到着口付近で「Youは何しに日本へ!?」のロケを生で見れたこと(笑)

 

念のためスタンプで顔を隠したのでわかりにくいですが、取材クルーが外国人の方に取材していました。

 

この後もあちこちでこの番組のクルーを発見。我が家はカナダで日本のテレビが見れるように契約しているのですが、その中でも「Youは何しに日本へ」は大好きな番組なので、取材見れてよかった~♬

ちょうど使おうとした出入り口のすぐ近くで取材していたので、カメラに映るか映らないかのぎりぎりを通ってみました(笑)

 

 

長くなったので、ここでパート1はおしまいです。