読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

myLife.ca *英語が話せないアラサー主婦の日常

英語話せない&家事ビギナーなアラサーがカナダに引っ越したら…カナダライフ、ライティングの仕事などなど。

帰国4;カナダ入国の注意点とびっくりトイレ

帰国

少し間が開いてしまいましたが、忘れないうちに帰国録4つめ!

 

最後はカナダへの帰国です。

 

 

日本へはトロント→バンクーバー→東京でしたが、帰りは東京→シカゴ→トロントで来ました。

 

東京を午前11時ごろに出発し、12時間ほどかけてシカゴについたのですが、日本時間では夜なのにシカゴは何と朝7時(;´Д`)乗り換えまで4時間待たなければならずで、はじめは「えー!?」と思っていましたが、幸いにもラウンジでシャワーが使えたので、私は利用させてもらって気分転換し、旦那さんは少しだけ眠ることができました。

 

 

しかしここでゆったりしていたが故にハプニングが発生カナヘイびっくり

 

 

搭乗手続きするところからラウンジが遠い場所にあったので、搭乗手続き開始時間に余裕を持って移動して無事ついたのですが、なんと飛行機に乗るには電子渡航認証「eTA」が必要だということが発覚。

 

 

私は就労ビザが、旦那さんもeTAがいらないビザを持っているので、eTAはいらないと思って申請していませんでした。

実際に申請ホームページの注意事項見ても、私たちのビザは申請不要と書いているのですが、搭乗手続きするスタッフは「必要だ」の一点張り。なぜー!?

 

 

eTAはネットですぐ申請できるものらしいのですが、いかんせん当たり前ですが申請ページはすべて英語なので理解するのに時間がかかることかかること大泣きうさぎ

旦那さんの分は割りとすぐ申請できて、スタッフからもOKサインをもらえたのですが、私の申請中に、がんばって必要事項を記入したのに間違ってページバックしてしまったり、なぜか確認メールが届かなかったりなどとハプニング続出・・・

 

 

スタッフからも「あと4分だよ!」などとカウントダウンされ、よりパニックになる私たち。

 

 

刻一刻と出発時刻が迫る中、申請したのに確認メールが来なかったために「あーもうコリャ乗れないわ」と諦めモード全快だったのですが、なんと見るに見かねたスタッフが「もう行っていいよ!急いで急いで!!」とパスしてくれました…

次の飛行機のチケット買わなければならないかと本気で思っていたので本当に良かったー

 

 

トロント空港での入国審査前には無事確認メールが届き、入国審査も何ら問題なかったのでその後はスムーズでした。

ただ先日のブログでは「時差ぼけ私は大丈夫!」と余裕かましていましたが、結局その後は2人とも重度の時差ぼけに悩まされています。

昨日、おとといとお昼過ぎに我慢できないくらいの眠気に襲われ、少しだけ寝るつもりが5、6時間も寝てしまいました(笑)

 

先月下旬からまったく仕事していないので、そろそろ仕事し始めないと(x_x;)

 

 

 

今回の写真は、トロント空港でのちょっとびっくり最先端トイレ。

便座の座面カバーがナイロンなのですが、センサーに手をかざせば自動に出てくるというものです。動画撮りたいくらいびっくりしました:( ̄∀ ̄)