読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MyLife.ca*from Waterloo

英語&家事ビギナーな私のカナダ2年目ブログ。四苦八苦カナダ生活、ライティングの仕事など

お菓子大好きな私がカナダで痩せた訳

今日は体感温度‐25度と昨日より冷え込んでいます…

図書館行こうと思ったのですが、これじゃ痛いんだろうなと思って出れずにいます。

 

 

さて本題ですが、私カナダに来てから結構痩せました。

無理なダイエットはまったくしていません。

 

 

現実逃避で長いこと体重を測っていないので、一体どれくらい痩せたかは定かではありませんが、

先月日本に帰ったとき、旦那さんの家族、私の家族、友人…と、会う人会う人ほとんど全員に「どうした!?めっちゃ痩せた!!」と驚かれました。

 

 

特に驚いたのが、普段周囲の変化になんら反応を示さない父が「どのくらい痩せたんだ?」と聞いてきたことあんぐりピスケ

 

 

タイトルにもありますが、私は甘いものが大好きで、毎日何個もお菓子を食べていました。

部活の後の買い食い、夕食後のデザート、仕事終わりの深夜コンビニスイーツ…これが普通。

  

そしてカナダに来てからは、特に車をゲットして以降、外を歩く機会が激減。

仕事をしていたときは、1日、6千7千歩は最低歩いていたのが、この前歩数計をつけたらなんと200歩ほどで済むほどの引きこもりになってしまいました無気力ピスケ

 

 

それがなぜ痩せたのかというと、「お菓子断ち」と「ながら運動」「食べる順番意識」にあります。

 

 

家族にも言われたのですが、「あんたお菓子好きだから、太って帰ってくるかと思ったよ。カナダのお菓子すごく甘そうで中毒性ありそうだから」と。

 

 

私も思っていました。自他ともに認める甘いもの好きな自分。

ですがカナダのお菓子、こんな私でも食べれないほど激アマで、食べれると言えば食べれるのですが、甘すぎて飽きるんです。

糖分が欲しくて、こっちに来て間もなくは、食べれそうなお菓子を探しては断念、探しては断念を繰り返していました。

 

しばらくして、オレオやスニッカーズは食べれそうだと時々食べたのですが(これも結構甘いですが笑)

カナダに来て糖分をしばらく断っていた私は、カナダの糖分たっぷりお菓子を食べると、翌日速攻で肌が荒れてしまうように…

こうしてお菓子を買う機会が減り、摂取カロリーも減りました。

 

 

次の打開策は「ながら運動」です。

わたしはとてつもなく面倒くさがりなので、筋トレのためだけに時間と場所をとるということがなかなかできません。

 

それでも、歩かなくなったから少しでも生活動作を多くしなきゃなと健康的に危機感を感じ始め

歯磨きしながらスクワット、ドライヤーで髪を乾かしながら腿上げ、料理をしながら腹式呼吸…などなど、超地道に何かをしているときにできるだけ体をついでに動かすようにしています。

 

結果、太腿と太腿の間の隙間が広がり、母にも「脚細くなったね!素敵だよ」と褒めてもらえるようになりました。やった~!! 

意識したのが、できるだけ太腿の筋肉を使うこと。

以前仕事で筋肉について調べることがあったのですが、人の体でカロリーを一番多く消費する筋肉って腹筋ではなく太ももの筋肉なので、ダイエットだから腹筋!ではなく、スクワットや腰落としをするといいそうです。

 

 

最後の打開策は食べる順番です。 

これはかなり前にテレビでやっていたのを、最近改めて実践しているのですが

「いただきます」のあとにいきなり炭水化物を食べるのはNGだそうです。

 

まずは汁物と野菜をとってお腹を膨らませる&糖分吸収を抑えてから、主菜や主食をとるのがベストなんだとか。

こうすることで、一気食いを防ぐだけじゃなく、血糖値の急激な上昇を抑えるのでダイエットにとてもいいそうです。

 

ちなみに旦那さんも最近これを意識しているのですが、少しやせた気がしますニコニコ

 

 

 

いまではどこのメディアを見ても

「〇〇を食べるだけで簡単に激やせ」「1週間で5キロやせる方法」とかダイエット情報にあふれていますが、私こういうの前から大嫌いです。不健康極まりない。

 

 

自分の体をもって実感できたのですが、自分の食事を見直して、少しでも体を動かす意識をすれば痩せることができるんですよねキョロキョロしかもノンストレス、超健康的に。

 

 

しかし、私は毎年冬になると脂肪を蓄えてしまうので、本当に気をつけようと思います汗

 

 

今度いつ日本に帰れるかわかりませんが、それまでキープもしくはもう少し引き締めたい!!