読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MyLife.ca*from Waterloo

英語&家事ビギナーな私のカナダ2年目ブログ。四苦八苦カナダ生活、ライティングの仕事など

語学学校・試験予約の連絡がようやく来た

少し前のブログにも書いた、今さらながら語学学校に通うという話の続きです。

 

 

まずはLanguage Assesmentという私の英語レベルがどれくらいあるのかを測るテストを受けるため、1日の夜、この試験窓口となっているYMCAのKW支部にメールしました。

 

しかしそれから数日経って、仕事初めのはずの日になっても一向に連絡が来ず・・・

 

 

もしかして年末年始休みの間に大量に来ていたメールに私のメールが埋もれているのでは・・・

もしかして電話連絡しなければならないかしら・・・?

 

なんて不安に思ったので、昨日再度メールしてみました。

 

 

念のため、「忙しいところ申し訳ないです。私は英語が得意でなく電話ができないので、お手数ですがメールで教えてもらえるととても助かります」といった感じのメールにしました。

 

 

すると、10分としないうちに担当の人からレスポンスが。

 

やっぱりメールに埋もれていたのねと思いつつ、ドキドキしながら確認してみると

 

「ご連絡ありがとうございます!

試験申し込みの前に、永住権や市民権を持っているか、またはビジターか学生なのか、あなたの状態を教えてもらえますか?」という内容でした。

 

 

と、ふとここで「私ってどれなんだ?」と手が止まってしまいました。

 

 

少し話がずれますが、

先日、私がおそらく通うことになるであろう語学学校(S校)の話を旦那さんとしていました。

 

このS校(というかカナダのどの語学学校もそうだと思うのですが)は、永住権や市民権のある移民の方はほぼ費用をかけずに通うことができるシステムとなっているのですが、

 

「ビジター」は受講するクラス1回ごとに$○、教材費に$○などなど結構料金を取られるシステムになっています。そしてさらにビジターは、無料のLanguage Assessmentを受けることができず、S校に直接行って有料(しかも結構高い)の試験を受けなければなりません。

 

 

S校のホームページではビジターについての説明があまりなかったので、旦那さんと「ビジターってワーホリとか短期留学とかで来てる人のことだよね、きっと」などと話していて、

 

「カナダに長期滞在してるんだから、私はきっとビジター扱いじゃないはずだ」と思い込んでいました。

 

 

しかし担当者のメールを見て考えてみると

 

カナダには2年しかいないので永住権はもちろん持っていないし、申請する必要は無い。

 

租税条約を見ると私たちはカナダの非居住者として扱われているので税金は払っていないから市民ではないかも・・・

 

そして私はもちろん学生ではない・・・

 

 

あれ、私ってもしかしてビジター扱いになるのか????バイキンくんバイキンくん

 

 

 

考えれば考えるほど自信がなくなったので、担当者の方へのメールには、

・永住権はないし、申請もしていない

・就労ビザを持っている

・学生ではない

と自分の状態を話し、どれに当てはまるかレスポンスを待ったところ

 

今朝返事が来て

 

 

「申し訳ありません。あなたはLanguege Assessmentを受けれないので、S校に直接連絡してみてください」と言われました無気力ピスケ

 

 

 

ということで、私はビジター扱いでした。きちんと考えればそりゃそうだ!!!

税金払ってないんだもの大泣きうさぎ免除されるなんて考えるとはなんてあつかましい!!

 

 

毎授業ごとにお金がかかるので、トータルで考えれば当初考えていた身勝手な計算と比較すると相当な出費になります・・・

 

 

そこで一瞬、「あ、もうやめようかな学校行くの」という考えがよぎりました笑

 

冷静になった今は「やっぱりできるなら通いたい!」と思っているのですが、

 

 

もし通うのであれば授業はフルで取らずに午前だけとかにして、

さらにちょっと家から遠いですが、街が毎週水曜の夜に開催している無料のconversation circleにも通いつつ、ライティングの仕事ももっときちんとやっていかないと家計が本当にやばい状態です。

 

とりあえず、その無料サークルもこのYMCAが関係しているものなので、

これは私は受けれるのかや、どんな内容をやっているのか、どれくらいの人数が参加しているのか、を再度質問しました。

 

今はこの返事待ちです。

 

 

あーあ、そんな上手い具合にいかないのね、なんてなんだかんだ考えていたら無気力状態になってしまった今日でした。ショックなうさぎ

 

やる気を振り絞っていまから少しだけライティングの仕事をします。