読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MyLife.ca*from Waterloo

英語&家事ビギナーな私のカナダ2年目ブログ。四苦八苦カナダ生活、ライティングの仕事など

久しぶりの緊張感でガッツポーズをした話

昨日の夜、とても久しぶりに資格試験を受験しました。

 
 
何の資格かというと、先月の上旬にこっそりとブログに書いたものなのですが
ライティングの仕事で報酬やスキルがアップする『WEBライティング技能検定』という資格試験です。オンライン受験なので自宅で受けることができます。
 
 
なにやら回し者っぽい説明になってしまいますが
 
この資格は日本クラウドソーシング検定協会というところが主催している試験で、
パスすればサグーではプラチナ報酬がずっと5%アップし、レベルアップ報酬が2倍になるほか
 
 
ランサーズではクライアント向けメールマガジンで、『WEBライティング実務士』資格取得者としておすすめ人材で紹介されたり、CROWDでランキングポイントが2倍になったりなどと合格者報酬を受けることができるものです。
 
 
 
個人的には合格特典を活用できる範囲がとても狭いのと、正直言うとサグー以外の特典は全然おいしくないので、
私と同じようにコンスタントにサグーワークスを利用している人が受けるのが一番得をするのかなと思いますUMAくん
 
 
 
この資格についての振り返りは本当に色々と書きたいことがあるのですが、約1ヵ月後の合格発表のあとにとっておくとして
(色々書いたあとに不合格だったら悲しいので笑)
 
 
 
まずは試験当日の防備録…
 
 
試験内容は簡単だったのですが
いかんせんとても久しぶりの受験だったので、受験という状況なだけで結構緊張していました汗
落ち着けば分かるのに、「こんな問題テキストにあったっけ?」とテンパることもしばしば宇宙人くん
 
 
 
試験内容の内訳は、クラウドソーシングに関する基礎知識やビジネスマナーなどに関する選択問題50問と、実技ライティング4問。
 
 
選択問題は一般常識をさらに簡単にしたような問題なので大丈夫なのですが、ちょっと対策が必要なのが実技試験。
 
 
各問題にテーマが設けられており、
・1~3問は260~300文字(テーマに沿い、さらにキーワードの盛り込み指定あり)
・4問目は320~400文字(テーマに沿うだけ。キーワード盛り込み指定なし)
 
これらを時間内に文章作成します。
 
 
ライティングスピードが遅い上、短文にまとめるのが苦手なわたし。
 
時間配分を考えると、実技は1問あたり10分~15分でどのようなテーマで書くか考え、リサーチして書き上げなければならないので、時間内にすべて間に合うか…
また300文字や400文字はかなりあっという間なので、いつもの調子で書いていると文字数がオーバーしてしまうのもちょっと心配でした。
 
 
テーマは試験ページを開いて初めて分かるのと、過去問を見てみると、「おにぎり」「公園」「映画」「情報流出問題」などとランダムにテーマ設定されるので、対策立てにくいな~と思っていました。
テーマがざっくりとしすぎていて、変に書きにくい気がするんですよね…。そもそもおにぎりって、どう書けばいいんだろう。
 
 
そんなこんなで昨日選択問題を先に終えたあと、配点の高い実技試験ページをドキドキしながら覗いてみたのですが
 
 
 
試験中に私、思わずガッツポーズをしてしまいました。
 
 
というのも、なんとヤマが当たってしまったからです。
 
 
 
昨日は試験対策のためにライティング練習をしていたのですが
その中で、自分で「次はこのテーマでライティングしてみようかな~」と取り組んだテーマが、そのまま試験に出たのです( ゚∀゚; )
 
 
内容を覚えていたため、ちょっとずるいかなとは思ったのですが
ここは対策したもん勝ち!と思ってサクサク書き、大幅な時間短縮になりました。
 
 
よく分からないテーマの出題もあったので、来月結果が来るまではドキドキですが、
ヤマのお陰で余裕が出たのでとりあえず一安心です。
 
落ちたら来月盛大に自虐ブログを書こう。
 
 
 
ただ試験は日本時間の日中に開始だったので、カナダ時間では夜の11時スタート。
「試験のときに眠くならないかな~」と思ったのですが、幸い試験中に眠くなることはなく
 
でも試験後は頭が覚めてしまって、朝5時ごろまで眠れなくなったのは誤算でした真顔